エンジン制御システム及び制御モデルの設計開発

企業名

マツダ株式会社

職種

その他、システムエンジニア

雇用形態

正社員

給与・報酬

年収:400万円 〜 800万円

月給:20万円 〜

勤務地

広島県安芸郡府中町

最寄駅

JR各線 向洋駅から徒歩5分

業務内容

【職種概要】
パワートレインコントロールモジュール(PCM)とセンサ/アクチュエータからなるエンジン制御システムにおけるモデルベース開発手法を用いた制御開発を担当いただきます。
担当製品のみならず、エンジンやモータ、トランスミッション、ステアリング、ブレーキなどの他システム群とのエネルギ効率最大化を踏まえて、燃費性能や動力性能を最適化する協調制御システムの検討と構築、及びそれを検証する机上環境モデルの開発をいただくことを期待しております。

【職務詳細】
モデルベース開発手法を用いたエンジン制御設計がメイン業務ではありますが、その制御を実現するために周辺部品や回路などのハードウェア/ソフトウェアに関する構想設計(機能配置含む)業務も一部担当いただきます。(但しPCM内部のハードウェア回路設計はサプライヤーに外注)
その為、幅広い知識/スキルが必要となりますが、その分俯瞰的な目線でクルマ造りに関わることができ、更に実際にクルマに触る機会も多いため、やりがい/成長も非常に大きいポジションです。

【ポジション特長】
・マツダは2030年に生産するすべての車両に電動化技術を搭載する予定であり、2020年には自社独自開発の電気自動車を投入する予定です。
その他、ハイブリッド車、プラグインハイブリッド車、新開発のロータリーエンジン技術を生かしたロータリーレンジエクステンダーなどマルチソリューションを展開していく予定です。
・マツダのクルマ作りにおける一貫した信念、それは常識や限界にとらわれることなく、徹底的にやり抜くこと。挑戦の積み重ねはマツダのDNAとなっています。誰もが諦めていた「走る歓び」と「優れた環境・安全性能」を両立させた「SKYACTIV TECHNOLOGY」、商品競争力を高めるフレキシビリティとボリューム効率を高めるコモナリティを両立する「モノ造り革新」など、マツダのクルマは多くの人の常識を超えた挑戦の結果生み出されたものです。
クルマは単なる移動手段ではなく、人生においてかけがえのない存在であってほしい。
そんなこだわりやモノ造りに共感をいただける方の応募をお待ちしております。

応募条件

【必須要件】
▼以下いずれか必須
・電気電子/機械/流体/熱/化学などのドメインのいずれか、および制御工学について大学卒業程度の知見
・組み込み制御(メカトロ制御)の開発経験

【歓迎要件】
・自動車の走行系制御(エンジン、トランスミッション、ブレーキなど)の開発経験
・Modelica系、HDL系のモデリングツールの経験
・dSPACE、ETAS、Vector等の開発ツールの利用経験
・C/C++他を用いたプログラミング/スクリプティングスキル
・MATLAB/Simulink/Stateflowの操作スキル

こだわりポイント

社会保険完備、退職金制度、大手企業、駅から徒歩5分以内、フレックスタイム制、週休2日制、交通費支給

受動喫煙防止情報

屋内受動喫煙対策:あり

喫煙対策:禁煙

喫煙に対する特記事項:なし

案件番号

352690742

応募する

検討中リスト

Symbiorise(シンビオライズ)